FANDOM


ガンダルフ

しかしすでにあんたは選ばれてしまった。そこであんたは、もてる限りの力と勇気と知力をふるいたて、このページを完成させなければならんのじゃ。すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せぬものじゃからなあ。
まずは、編集方法を読むことから始めるのじゃな。 

ゴンドールはミドルアース:シャドウオブウォーやホビット、指輪物語に登場する架空の地名。

解説(公式)編集

ゴンドール シャドーオブウォー

第三紀末の人類最大の王国であるゴンドールは、数世紀前に西の海からここに移住してきたヌメノール人の末裔である。イシルドゥアとその弟アナーリオンによって作られたゴンドールは、モルドールに対抗する力として長い間その役割を果たし続けている。
ヌメノール島が海に沈んだ直後、サウロンはゴンドールや他の人間の国々と戦争を開始するが、イシルドゥアがサウロンから指ごと一つの指輪を切り落としたことで、人間とエルフの最後の同盟が勝利した。その後、エアルヌアアングマールの魔王に挑発され、単身旅立ち帰ってこなくなるまで、アナーリオンの子孫たちがゴンドールの王位を継承し続けた。
エアルヌアが行方不明になってからは、執政がゴンドールを治めている。執政は世襲の役職で、イシルドゥアとアナーリオンの子孫が再び王位に就くまで、執政が王の権力を行使する。執政たちは王位の象徴となるものを使用せず、王が帰還するのを待ち望んでいた。
ゴンドールの未来が尽きかけている一方で、サウロンはさらに力を増し続けていた。西方は長い間、モルドールの軍隊、東夷の部族、南岸沿いの海賊の脅威にさらされ続けている。ミナス・イシルのようなゴンドールの辺境にある地は、自らが次に闇の手に落ちるのではないかと恐れている。

ロア編集

「ゴンドールは広大で揺るぎない。モルドールの端で、闇に飲み込まれそうな場所さえも。たとえ私たちが死んでも、ゴンドールは死なないわ」 --イドリル

小ネタ編集