FANDOM


ガンダルフ

しかしすでにあんたは選ばれてしまった。そこであんたは、もてる限りの力と勇気と知力をふるいたて、このページを完成させなければならんのじゃ。すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せぬものじゃからなあ。
まずは、編集方法を読むことから始めるのじゃな。 

ミナス・イシルはミドルアース:シャドウオブウォーやホビット、指輪物語に登場する架空の地名。

解説(公式)編集

ミナス・イシル シャドーオブウォー

シンダール語で「月の出の塔」を意味するミナス・イシルは、モルドールの西端にある要塞都市であり、その地の人間に残された最後の場所だ。ヌメノールの滅亡後に難民が作ったこの町は、月の光を反射するように白の大理石を使って建てられており、黄昏時と月が空高く登るときには、柔らかな光を放つ。ゴンドールの象徴である白の木の苗木が植えられたのは第二紀の初期だが、最後の同盟合戦中にサウロンによる危険がミナス・イシルまで迫った際、イシルドゥアによって取り除かれた。
その戦争でサウロンが敗れると、ミナス・イシルはゴンドールの砦として再建された。復活した冥王の手が唯一届かない場所を、モルドールのオークが奪おうと迫っているが、現在もそのままだ。その砦が守っているのは城壁の中にいる人間だけでない。過ぎし時代にエルフによって作られた、パランティアの一つも見守っている。

ロア編集

「ミナス・イシルには多くの呼び名がある。月の塔、美しく輝く町、忘れられた都。でも私にとっては、故郷よ」 --イドリル

小ネタ編集