FANDOM


ガンダルフ

しかしすでにあんたは選ばれてしまった。そこであんたは、もてる限りの力と勇気と知力をふるいたて、このページを完成させなければならんのじゃ。すぐれた賢者ですら、末の末までは見通せぬものじゃからなあ。
まずは、編集方法を読むことから始めるのじゃな。 

このページでは『Middle-earth: Shadow of War』(ミドルアース:シャドウ・オブ・ウォー)や指輪物語に登場する力の指輪の情報をまとめています。

概要編集

力の指輪とはサウロンによる発案(陰謀)でエルフたちに作らせた指輪(三つの指輪)をはじめとする、特殊な指輪のことを指す。冥王サウロンはエルフの元を訪れ、指輪の作成を促し、エルフはその者を冥王サウロンとは気づかずに指輪の製作方法を見せてしまった。

もともとは力の指輪はエルフの願いであるミドルアースを癒し、美しい者の時の流れを遅らせる目的で作られていた。

鋳造方法を学んだ冥王サウロンは七つの指輪をドワーフの王へ、九つの指輪を人間の有力者たちにそれぞれ鋳造し与えた。そして、一の指輪を完成させた冥王サウロンは企みに気がついたエルフ以外を支配するか破滅へと導いた。

最終的にはフロド・バギンズやサムの活躍により、一の指輪が破壊されたためにすべての力の指輪がその能力を失っている。

効能・効果編集

すべての指輪にはエルフの願いである二つの効果が備わっている。

  • 時による老いや衰え、倦怠を遅延させる
  • そのものが生来持っている力を増強する

一つの指輪編集

すべての指輪を統べる指輪で、全ての指輪の力を程入れることが可能。また、冥王サウロンの能力と経験そのものが入っており、装着することでサウロンの能力を手に入れることができる。ただし、邪悪な意志が備わっており、装着者を不幸に陥れたりサウロンの復活をさせようとするなど、所有者には不幸が訪れる。

その完成にはケレブリンボールが深く関わっている。

三つの指輪編集

エルフ(ケレブリンボール)が作成した指輪。風、水、火の指輪があるが、使用すると一の指輪からの支配を受けてしまうため、悪用されないように隠されている。

七つの指輪編集

ドワーフの王たちに渡された指輪で、所有者の金銀宝玉への渇望を強く掻立てる。そのため、ドワーフの王たちは際限なく富を求め、最終的には破滅してしまっている。しかし、ドワーフはその頑強さでサウロンの一の指輪からの支配を跳ね除けたため、行かれたサウロンに七つのうち三つは奪われている。(残りの四つは竜の炎により溶けてしまった)

九つの指輪編集

有力者の人間に渡された指輪で、長寿と富と力と栄光を与える力の指輪。装備することにより透明になり、影の世界を見ることも可能となる。しかし、同時にサウロンの一の指輪による支配を受けることとなり、全ての所有者は指輪の幽鬼となり冥王サウロンに使える者となってしまった。

シャドウオブウォーの指輪編集

ケレブリンボールタリオンにより鋳造された指輪でミドルアースにてサウロンの軍勢と対抗するために作られた。